【第6号】「なぜ、会話が続かないのか?」

昨今企業では、上司と部下が1対1で対話をする「1on1ミーティング」の制度が導入されています。

筆者自身、管理職(上司)に研修をする機会が多いのですが、

よくある悩みが、

「そもそも部下と会話が続かない」

というものです。

世代が違えばなおさらです。

「今日話したいテーマは?」
と上司が聞いても、

部下からは、
「いや、特にありません」
という返事が返ってくるそうです。

お互いの信頼関係を高めるはずの1on1が、なぜかぎくしゃくした時間になってしまいます。

◆今日の質問
「なぜ、会話が続かないのか?」

◇解説
「会話が続かない」と悩んでいる管理職(上司)には、共通点があると感じました。

それは、以下の3つです。
1.相手(部下)に興味・関心を持てていない
2.相手(部下)の視点になって物事を考えられていない
3.自分(上司)本位で、普段会話を進めている

企業は、常に「結果」が求められます。
職位が上がれば上がるほど、求められる結果のレベルは高くなっていきます。

そうなると、「結果」や「数字」にどうしても目が行きがちになってしまい、
部下個々人にはなかなか関心を持てなくなってきます。
競争が激しくなり、モノがなかなか売れない時代においてはなおさらです。

すると「部下を知る」ことの優先順位はおのずと下がります。

また、結果を出すためには、部下に動いてもらうしかありません。
すると、どうしても日常は「指示・命令型」の一方通行のコミュニケーションになりがちです。
なので、会話の内容も自分(上司)本位なものになります。

そんな上司の本音は、
「部下の面倒を見ている暇はない」です。

しかし、皮肉なことに、そんな上司の下では、
部下も上司の期待通りのパフォーマンスは発揮しません。
一方では、高いパフォーマンスを発揮している部下に限っていきなり退職することも…。

組織である以上、「結果」「業績」は大事です。
しかし、相互理解なくして、意思疎通はなかなか図れないものです。
意思疎通が図れなければ、当然チームとしては機能しません。
複雑で困難な課題に当たればなおさらです。

だからこそ、管理職(上司)は普段から、
1.チームの一員でもある相手(部下)に興味・関心を持つ
2.相手(部下)視点で物事を考えてみる
3.相手(部下)本位で会話を進めてもらう
そんな意識を持つことが大切になってきます。

一見遠回りですが、それを地道に積み重ねている管理職(上司)は、
チームとしても徐々に結束ができてきます。
「いざという時に、まとまるチーム」です。

そんな上司には、部下も話したいことが山ほどあるはずです。

関連記事

TOP