【第3号】「このエネルギーはいったいどこから出てくるのか?」

世の中において事を成し遂げるには、シンプルな共通法則があります。

それは、

1、心から湧き起こる欲求・願望・目標がある。
2.それに向けて行動を起こしている。
3.成功するまであきらめずにやり抜く。

だから成功できる、ということです。

当たり前といえば当たり前のことではありますが、
「それがなかなか持てないから困っているんだよ」というのが人間でもあります。

ドイツの詩人、ゲーテはこう綴っています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

人生は次の二つから成り立っている。

したいけれど、できない。

できるけれど、しない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

言い得て妙です。

まず、「したいけれど、できない」

夢や目標はあるけれど、
達成できるかわからないのに、
何かを犠牲してまで行動をする気にはなれない。
失敗したらどうするんだろう?


そして「できるけれど、しない」

やろうと思えばできる。
でも、今までやってこなかった。
今さらやるのは気が引けるし、面倒くさい。
別にしなくたって、今まで何とかなっている。

といった具合で、多くの人は行動を起こしません。

それは決していけない…ということではなく、
「だって人間だもの」と言えます。


ですが、ごく少数の人たちは、

「したいから、する」
「できるまで、する」

というモードで行動しています。

そして、「できない、しない人たち」は、
うらやましい…でもちょっと失敗すると安心する…
という複雑な気持ちで彼らを見ています。

◆今日の質問

「このエネルギーはいったいどこから出てくるのか?」


◇解説

実は、人は誰しも強烈なエネルギーを持っています。

ただ、きっかけが必要です。

それは、一言で言うなら「強烈な原体験」です。

人はその体験が強烈であればあるほど、強く感情が動きます。

その喜怒哀楽などの強烈な感情が、行動へと駆り立てる訳です。

これは枚挙に暇がありませんが、

「小さい頃に行ったプロ野球の球場の雰囲気に感動して、プロ野球選手になりたいと思った」ということであったり、

「ある冬の寒い日、戦後の闇市のラーメン屋台に行列する人を見て、並ばずにラーメンを食べられるようにしたい!と思った」という日清食品創業者の安藤百福さんがいい例です。

「何かを体験して、心が動く」

その点、現代に生きる人はそもそも「体験」が不足しているかもしれません。
または、情報に追われて何事も「頭」で処理するあまり、「感じる」というセンサーが鈍っている可能性もあります。


体験を通じて、心底やりたいことが見つかった人は幸せです。

なぜなら人は、何か事を成し遂げることよりも、「自発的に物事に打ち込めていること」そのものに幸福感を覚えると言われるからです。

また、何かに打ち込んでいると、雑念が入り込みにくいのでパフォーマンスも高まります。
無我夢中で取り組んでいたら、何か成し遂げていた…といった感じです。



「自分は夢中になれるものがない」

もしそう思っているのだとしたら、まずは今日一日だけでいいです。
不甲斐ないと感じる自分に鞭打って、
「自分を変える小さな行動」を起こしてみてはいかがでしょう。

きっと「心が動く何か」に出逢えるはずです。

関連記事

TOP